福島県伊達市の五十沢(いさざわ)地区のホームページ。このWebサイトは「福島県地域創生総合支援事業」で運営しています。

あんぽ柿の歴史

あんぽ柿の歴史

柿ばせ

プロローグ

福島県の中央部を北上した阿武隈川が信達盆地を緩やかに北東方向へ流れ下り、やがて宮城県境で峡谷へとたどり着く手前、川の北側の沿岸が開けたところ、北方に山を背負い、川と山に挟まれた小村がありました。旧伊達郡五十沢村です。現在は伊達市梁川町五十沢地区になっています。

地形は北西に山を背負い、南東に傾斜しているため、北西風を避けるので、四隣の町村に比し温暖であることから、「里謡」に曰く。

「五十沢よいとこ、日当たりよくて、ぐぢ菜たんぽぽ早く咲く」

あるいは、

「五十沢よいとこ、日当たりよくて、五月咲く花四月咲く」

と言われてきました。

地域の産業といえば農業が主で、米と養蚕が中心でした。
養蚕は昔から営まれていましたが、特に江戸時代には、財をなした庄屋・名主もあったようです。

平成12年に堤防が竣工しましたが、それ以前はひとたび大雨が降るや、阿武隈川が氾濫し洪水に見まわれる阿武隈川の最下流に位置する地域でした。さらに、西根堰の末堰のそして、その昔は、収穫できる米は8か月分という自給率の低い、されど農業は米と養蚕の小村でした。

【柿の由来】

五十沢に柿の木が植えられたのは、宝暦年間(1751年~1763年)のことです。

江戸時代の五十沢は、西半分が上五十沢、東半分が下五十沢と呼ばれていましたが、上五十沢の峯という集落に七右衛門という人があり、この人がどこからか柿の木を持って来て植えたのが、五十沢では七右衛門柿と名付けられたと伝えられています。

七右衛門柿を剥皮し連にさげ、天日で乾燥したものを江戸時代に天干柿(あまほしかき)と名付けていました。

明治になると、江戸時代の七右衛門柿が蜂屋柿、天干柿があんぽ柿と呼ばれるようになりました。

特産物となっていない当時は、生で樽柿として、一部はあんぽ柿としてはせはずしで売っていました。

《背景》

信達平野で初めての製糸工場・・・・。

そうした五十沢村に製糸工場ができたのは明治41年のこと。

明治33年に産業組合法が発布せられ、明治41年に「有限会社 五十沢信用購買販売生産組合」が創
立された。この組合の事業として器械製糸50釜の工場を設け、組合製糸を経営することとなった。

もう一つの理由は、日露戦争と冷害によって農村は疲弊した。五十沢村も例外でなくいわゆる、村の救
済事業のひとつとして製糸工場の操業に取り組んだともいえる。雇用の創出の場になったのである。

地域が狭いこともありまた、伝統を重んじる農村社会の中で、当初、製糸工場の経営は苦しかった。

大正時代に入って第一次世界対戦が勃発するや、世の中の景気が浮上する。製糸工場も業績を順調に伸
ばし、工場を藤田(現在の国見町)にも所有し、最盛期を迎える。いわゆる、戦争によるバブル景気で
ある。

五十沢村の盛衰

この結果、小村に莫大な金が流入し、村民に大きな富をもたらすことになる。

養蚕のみならず、それを生糸にして取引することに成功した五十沢村であった。
金つなみがきたなどといって、いつまでもこの好景気が続くかの如く思惟し、所在の飲食店は酔客で、
常にあふれ、奢侈淫蕩の風が遠慮なく浸透し来り、事を談ずるところ必ず酒あり、酒を飲まざるの徒
は共に村政を談ずるに足らないとまで豪語する者があるようになった。

寄り合いがあるたびに大量の酒が飲まれ、冠婚葬祭ごとも大金をかけることが当たり前のようになった。伝わるところによれば、「酒飲み」「働かない」と揶揄されたらしい。

これらは、おおよそ大正5年~8年までのことで、大正9年になると、経済恐慌は急テンポでやってき
た。物価は下がる。借金は残る。加えて製糸会社は50万円(当時、1000円で家1軒が建てられた
そうです)もの損害を生じ、そのため、掛け売り繭代金の回収不能となり、急転直下不況のどん底に陥
ってしまった。

陶然として酔っていた黄金時代の甘夢は一朝にして破れ去った。一炊の夢、泡沫夢幻のごとく・・・。
さらに、大正14年秋の火災で製糸工場を消失したことが追い打ちをかけた。

牡丹餅会(ぼたもちかい)の誕生と村の再生

いつかは来るべき経済恐慌に備えることが無かったなら、いかなることだろうと憂慮した者たちが集ま
り協議の結果、酒を飲まず、真面目に一村のことを語り合う会をつくることに決し、一村産業の振興、
文化の向上発展、村風の改善作興を図ることを目的として、村内の甘党を会員として牡丹餅会(ぼたもちかい)を結成することと決定した。

大正7年11月、安禅寺庫裏において、牡丹餅を食べながら発会式を行なった。

牡丹餅会が陶然として酔っていた黄金時代の最中に結成されたことは、注目すべきところである。

この後、牡丹餅会が中心となって、五十沢村の再生に取り組んで行くのである。

一村産業の振興の中に、あんぽ柿の移出があることは言うまでもない。

あんぽ柿・of・レジェンド

村の再生のために取り組んだことはいくつかあるのだが、ここではあんぽ柿について取り上げてみよう。

ある情報がそのきっかけとなった。

大正の中ごろ、隣村の大枝村根岸の佐藤福蔵が米国カルフォルニア州に行き、干しぶどうの乾燥に硫黄
燻蒸を施していることを郷里の兄、佐藤京三に教えてきたが、京三は密かにそれを柿に応用しようと、
鋭意その研究を続けてきたが、硫黄の分量、時間等については未熟であった。

隣村で起きていることは、五十沢村へも聞こえてくるのは容易に想像がつく。
しかしながら、簡単にはその方法を知ることはできなかった。
五十沢村がその情報を得たのは、柿の加工時期に尋ねたことがきっかけだったと云われている。

硫黄の臭いが辺りに漂っていたことから、硫黄を使用していると確信し、さっそく、柿の皮をむき竹の
簀の子を敷き、連に下げた柿を載せ、下から膳皿いっぱいに硫黄を燃やして軒場に吊るし、天日乾燥を
試みた。

その結果、実にきれいな飴色のあんぽ柿ができたので、取引先の八百屋さんへ販売したものの、渋いの
で返品され失敗に帰したという。

その後も試行錯誤、暗中模索の研究は続いたものの、一朝一夕に飴色のおいしいあんぽ柿をつくること
はできなかったのである。

それから、数年後のこと。

大正10年11月15日、県より乾柿加工講師を招いて加工法の講習会を開催するも結果はあまり芳し
いものでなかった。

その1年後、大正11年11月15日、鈴木清吉が先導となって、前村長他数名が集い、簀の子を使用
した硫黄の燻蒸方法のさらなる研究、改善に努力し、黒あんぽと違った渋味のないあんぽ柿を目指した。
その結果、失敗に次ぐ失敗を重ねながらも、硫黄の量を割と少なくして、時間を長くしない物が、渋味
が少ないとの結論に達した。その後も、研究は続いた。
だが、これで安定的な硫黄燻蒸の方法が確立したわけではなく、現在のような方法になるには、あと数年の時間が必要であった。

大正12年11月3日、五十沢あんぽ柿出荷組合が創立。

同年12月25日、東京神田市場へあんぽ柿1箱200個詰め、690箱を出荷。

この時のあんぽ柿の一個平均の価格、1銭6厘以上、他方、黒あんぽ柿は1個平均、5厘内外で、
飴色のあんぽ柿は3倍以上の値がついたといわれている。

大正12年といえば関東大震災が起きた年である。
五十沢村では、村の財政は悪化の途をたどっていた時期でもある。
大正14年秋には、製糸工場が祝融の災いに遭い、借財が増すばかりの疲弊した状況にあった。
が、飴色のあんぽ柿は、高い価格で売れることを当時の牡丹餅会のメンバーは認識するに至っていた。

硫黄燻蒸方法の、さらなる改善等が切望されていたことは、確かだろう。

昭和2年3月4日~8日 興村講習会(全村学校)開催

【佐藤昌一先生の着任】

昭和4年4月、佐藤昌一先生が五十沢農業公民学校に、教師として着任する。

東白川郡塙町出身の先生は、大の勤勉家で頭脳明晰、生徒、村民からの信頼も厚かった。

また、同年11月15日、組合長鈴木清吉が東京神田市場を始め、京都、名古屋、大阪、神戸等の
各市場を視察した折、容器の改良と品質の向上、販売の時期等を痛感、直ちに同年の出荷よりこれを改
めて実施した時期でもある。
先生への期待は大きかったと考えられる。それは、借金の問題等々から、あんぽ柿の安定的な生産と加
工の必要性に迫られていたからである。

先生は、自費で燻蒸箱を作り、昼夜を分たず苦心研究、ついに学理的研究を完成、「硫黄燻蒸 五十澤
アムポ柿」と題して、小冊子をつくり、村内及び希望者にわかち、それから全村に普及実施を見るよう
になった。

「硫黄燻蒸 五十澤アムポ柿」は、昭和8年11月3日の発行である。

この小冊子の沿革の項からその一部を記載してみる。

「名産物の歴史を繙いて見る時其の成功を収めるまでには過去幾多の苦心研究の跡が、展開される
のが常であるが、本村のアムポ柿も亦其例に洩れない。

・・・・・中  略・・・・・・・

隣村の方法を探知して、硫黄を用ひることのみは大方見當がついたので、本村につき種々苦心
研究の結果遂に成功の歓喜を収め得たのであるが、燻蒸器内容積と硫黄量と燻蒸時間との関係を
科学的に確かめたのは著者の努力研究に依るものと信じている。」

佐藤昌一先生が硫黄燻蒸に取り組んだ姿勢が、伝わってくる。まさに、肝胆を砕く先生であった。

昭和2年「福島民報」の県内名産投票に当選し、次いで「東京朝日新聞」の産業欄紹介以来、益々

全国的にその声価を謳われ、昭和8年には日本一のあんぽ柿の折り紙付きとなり、昭和12年2月

10日、先生は仙台放送局よりこれを放送して、全国的に好評を博するに至った。
現代でいう「6次化」が実現したといえる。一村一品は成立したのである。
明治以降五十沢村は、時代の趨勢に揺られながら、課題を克服し成果を残してきた。

あんぽ柿は、太平洋戦争時作ることができなくなったものの、その後の高度経済成長期には全国の
産地を代表するまでに、成長し、農業経営上の副業として、重要な役割を果たしてきました。

しかしながら、現在、震災と原発事故が苦難をもたらしています。

五農式硫黄燻蒸器(先生が自費でつくったもの)

五十沢農業公民学校2

硫黄燻蒸 五十澤あんぽ柿

五十沢農業公民学校

Share Button

お問い合わせ・ご意見・ご感想はこちら

PAGETOP
Copyright © 五十沢自治会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.