14日、小正月の行事だんごさしを合同で開催し、婦人学級生13名、ふれあい学級生14名が参加しました。
だんごさしとは福島に伝わる小正月の伝統行事で、豊作祈願や一家繁栄などの祈りが込められています。 
昔ながらの伝統行事を一緒に楽しみながら行うことで、学級生の交流をはかる良い機会になりました!↓

だんごさし終了後、皆さんでだんごにきな粉をまぶして食べました。美味しかったです。↓

ミズキの木にうるち米の三色だんごと縁起物のカラカラせんべいを飾りました↓

「だんごさしは、正月行事の楽しみの一つだった」と昔のことを思い出していました。かつては当たり前に行われていただんごさしですが、少子高齢化各家族分裂などで伝統を続けていくことが難しくなっています。

Share Button