東洋大学経済学部 藤井ゼミの学生さん7名と卒業生1名が五十沢に来られました。

昨年、一昨年と福島県の「大学生の力を活用した集落復興支援事業」で来ていただき、今回は、「大学生等による地域づくり支援事業」として来ていただきました。
「大学生等による地域づくり支援事業」とは、事業終了後も定期的・組織的に集落を訪問するなどの活動を支援することで、集落との絆をより強くし、集落の更なる活性化を図ることを目的とした事業です。(福島県ホームページより)

今回来られたゼミのメンバーは、今年の3月に開催された五十沢地区の文化祭にも来ていただいております。

本来は、9月30日に開催される五十沢地区の体育祭に学生さんも参加して頂く予定でしたが、あいにく台風24号の影響で帰りの新幹線の不安や学生さんの安全も考慮し、参加は叶いませんでした。お天気のことなので、仕方ないですが、地区の方も大変楽しみにしていたので残念でした。

29日は、あんぽ柿料理のレシピデータベース作成のために、地区の方にご協力いただき、資料作成のためのヒアリングを行っていただきました。地区の方には、実際にあんぽ柿料理も作っていただき、学生さんに食べていただきました。

その後は、地区の方に集まっていただき、藤井先生より、他産地や他特産品の事例をプレゼンテーションしていただきました。他産地等の事例を知ることは、今後のあんぽ柿づくり、五十沢の地域づくりにも活かしていけるヒントがあったと思います。

東洋大学の皆様、天候が心配される中、遠いところお越しくださりありがとうございました。

Share Button